Help

ミケオ君永眠

Photos: ミケオ君永眠

Photos: 山へ Photos: ロウジ( クロカワ 、老茸、ナベタケ、とも言う )

昨年の8月末、雨の中を一匹の野良猫が歩いていました。 ガリガリに痩せて、ぼろ雑巾のような姿、保護して獣医さんに診て貰いましたが、猫エイズ陽性で、他の子と一緒にしておけません、 部屋を仕切って、専用のスペースを作りました。 

珍しい三毛のオス猫なので、名前はミケオ君。 昨年末辺りになって、かなり元気を取り戻しましたが、程なく、口内炎が酷くなり、全く食べなくってしまいました。 どうやら猫エイズの子には多い症状なのだとか。 

その時は、持続性の抗生剤で回復したものの、半月程度で口内炎が酷くなり、涎が止まらず、食欲も落ちてしまいました。 春先までは、定期的な抗生剤投与で、十分症状が緩和されましたが、5月頃からは効き目が薄く、口内炎は治まっても食欲は戻らなくなりました。 食べない猫ちゃんに食べさせる大変さは、みいこの時に、嫌と言うほど経験してきたので、どうすべきか、迷いました。
インターフェロンの投与で免疫を高めるのが、唯一の手段ですが、費用対効果(みいこの場合も、全然効かなかったのに、結構高額だった)を考えると、、、、。

先月に診て貰ってからは、注射の効果が全く無く、餌を食べません、毎晩、スーパーでマグロやカツオ、タラなどのお刺身を買ったり、美味しい猫缶を与えましたが、口を付ける程度。 
それでも先月末までは少しは食べてくれましたが、今月は、お皿に出したお刺身を、翌日には(傷んで)捨てるだけになってしまいました。 強制給餌も試みましたが、大暴れで絶対無理と悟り 、もう、打つ手なし、回復は諦めざるを得ませんでした。 ただ、このまま放置する事もできないので、獣医さんで点滴、肝機能低下を防ぐ薬剤の注射、インターフェロン(インターキャット)の注射はしてもらいましたが、体重も3キロ台から2,3キロへ減っていました。 

昨日、獣医さんから帰った時は、もう、足取りが弱弱しく、明日いっぱいは持たないだろうと思っていました。 信州の10月半ばは、雨が降れば、ストーブが必要です、夕方、ペットヒーターを用意して、部屋に入ったら、もう、息がありませんでした。 
ここ3ヶ月のケアは精神的に、かなり疲れました。 先が見えているケアほど、辛いものはありません。 ただ、一応、すべき事はし尽くして、迎えた結果なので、仕方ないかもしれません、痛い、辛い思いを強いて、1~2ヶ月寿命を延ばすのも酷な気がして。

保護してから14ヶ月、「我が家に来て、人生(猫生)の最後は安楽に過ごせて良かったかい?」と、自分が死んだら、あの世でミケオ君に聞いてみたいです。

Favorite (21)

21 people have put in a favorite

Comments (30)

  • ピースケ(いつも通りネタ切れです)

    悲しすぎます・・・
    最後までよく頑張ったと声をかけてあげたいです...

    10-17-2020 23:11 ピースケ(いつも通りネタ切れです) (22)

  • さがみこ(リハビリ中)

    最後の14ケ月だけでも暖かいお布団に寝られて良かったと思います。。。。。。

    10-17-2020 23:19 さがみこ(リハビリ中) (8)

  • MR2

    ピースケさん、ありがとうございます。 自分が手を差し伸べてあげなかったら、昨年の秋には確実に死んでいたと思います。 ただ、一年ちょっとだけ、寿命を延ばせた事が、良かったのか、単なる自己満足だったのか、微妙です。

    10-17-2020 23:38 MR2 (41)

  • MR2

    さがみこさん、ありがとうございます。 かなり臆病な性格で、獣医さんへ連れて行く時は、怖がって鳴き通しでしたから、野良生活時代は大変だっただろうと思います。 僅かながら、手助け出来た事は確かでしょうけど、力及ばず、打つ手なしというのは、辛くて嫌ですね。

    10-17-2020 23:42 MR2 (41)

  • kei

    本当にお疲れ様でした。

    MRさんで良かったですね^幸せなミケオ君・きっと感謝していますよ~

    10-18-2020 00:03 kei (111)

  • MR2

    keiさん、ありがとうございます。 そう思いたいです。 多額の医療費を掛けれれば、恐らくはもっと良い生活を送らせてあげられた筈ですが、ただ、それは非現実的で、選択肢が無い事を理由に、治療を止める事を正当化しようと考える自分を思うと、自己嫌悪に陥ってしまうんです。 どうしようも無い事なのですけどね。

    10-18-2020 00:19 MR2 (41)

  • ふみ

    お疲れ様でした。
    ミケオ君はきっと安心して過ごせたと思います。ご冥福をお祈りいたします。

    10-18-2020 00:26 ふみ (10)

  • MR2

    ふみさん、ありがとうございます。 みいこに続いて、みいこの親代わりだったクマ、そしてミケオ君まで。 今年はろくに写真も撮れず、人生で最低最悪の時代(最低が更新されるから、なお、性質が悪いんです)になってしまいました。

    10-18-2020 00:37 MR2 (41)

  • rino

    お悔やみ申し上げます。

    本当によく尽くされたと思います。
    ミケオくんはMR2さんに会いに来たのですね。そのままのたれ死ぬのではなく、MR2さんのところで最期を過ごしたかったから出会ったのです。
    病気で長く生きられないし、他の猫ちゃんとも一緒にしておけないようなそんなたいへんな状態のミケオくんをそこまで手厚く看病されたMR2さんに深く感動しました。本当に素晴らしいです。
    何かを悔いたり、ご自分を責めたりしないでください。ミケオくんはMR2さんと過ごせて本当に幸せだったのですから。

    看病、お疲れさまでした。 どうかゆっくり休んでくださいね。        合掌


    追記
    最低最悪ではないですよ。 みいこちゃん、クマさん、ミケオくんたちは自分の命をMR2さんにそんなにも大切に生かしてもらって全うできたことをとても喜んでいるはずです。MR2さんは失って寂しいでしょうけれど。。。。 悲しんでばかりいて元気を無くしていたら亡くなった皆さんが悲しまれますよ。
    元気出して、彼らを安心させてあげてくださいね。

    10-18-2020 03:21 rino (1)

  • LimeGreen

    さがみこさんのおっしゃる通りだと思いました。
    Rinoさんのおっしゃることにも全く同意です。

    延命だけが善かというとそうではないと思います。
    とくに猫ちゃんはね。
    まあ人間もそうですけど。

    10-18-2020 05:25 LimeGreen (49)

  • くー

    ミケオ君は 暖かい お家で 終末期を 過ごせ 幸せでしたよ。
    虹の橋に みいこさんが ちゃんと 迎えに来てくれてます。

    10-18-2020 09:17 くー (1)

  • nekomama

    ミケオ君は最後の場所にMR2さんの家を選んだのよ。
    この場所で最後の時を迎えられて安心したのだと思います。
    ご冥福をお祈り申し上げます。

    10-18-2020 10:42 nekomama (39)

  • MR2

    rinoさん、ありがとうございます。 ご飯を持って行っても、他の子達は、まっしぐらに食べますが、、ミケオ君はスリスリして、それから食べるという、一番、人懐こい子でした。 恐らく、今までは、かなり厳しい野良生活だったのだと思います。

    10-18-2020 17:01 MR2 (41)

  • MR2

    LimeGreenさん、ありがとうございます。 ミケオ君は、昨年末に、ひとり住まいのサラリーマンの貰い手が決まったのですが、無症状ならともかく、口内炎などで体調が悪い状態が続いたので、日中は仕事で不在ではケアできないので、結局我が家に置いておく事になってしまったんです。 延命がベストではないですが、QOLだけは下げさせたくないですけど、美味しいご飯でも食べられない状態ってのは、見ていて切ないです。

    10-18-2020 17:25 MR2 (41)

  • MR2

    くーさん、ありがとうございます。 昨年から、今まで、大変な出来事ばかりでした、そろそろ、平和な日常へ戻って欲しいです。

    10-18-2020 17:32 MR2 (41)

  • MR2

    nekomamaさん、ありがとうございます。 昨晩が山かと思っていたので、部屋へ入って確認するのが怖かったです、あまり苦しむ事もなく、逝けたのだけは、唯一の救いでした。

    10-18-2020 17:36 MR2 (41)

  • 西表カイネコ

    献身的で素晴らしい介護。涙がでます。
    みいこちゃんが待っていますね。

    10-18-2020 18:00 西表カイネコ (179)

  • BlackTiger

    みいこちゃんを介護しつつミケオくんのお世話もされていたのですね。
    闘病は大変だったと思いますが安らかな顔をしているのが救いですね。
    MR2さんもお疲れ様でした。
    私も死んだら見送った猫たちに会いたいと思っています。

    10-18-2020 18:06 BlackTiger (191)

  • 野良猫さくら

    治療費用もかさむ中本当に良く面倒を見られ頭が下がります。
    何の縁も無い野良ちゃんをお世話される事はどんなに大変なことか想像する
    しか有りませんが猫を愛する心に敬服します。

    10-19-2020 11:49 野良猫さくら (5)

  • MR2

    西表カイネコさん、ありがとうございます。 保護した直後の診察で、陽性だと判った時は、長寿は無理でも、何年間かは頑張れるかもと密かに期待しましたが、、、残念です。

    10-19-2020 13:28 MR2 (41)

  • MR2

    BlackTigerさん、ありがとうございます。 今まで多数の子を送って来ましたが、別れはいくら経験しても、 ミケオ君の場合は、前々から予想していた事でしたが、、慣れるって事はありませんね。

    10-19-2020 13:40 MR2 (41)

  • MR2

    野良猫さくらさん、ありがとうございます。 病気の野良猫には、周囲の人間だけが頼りです、曲がりなりにも、助けてあげられる程度の時間的、経済的余裕があるなら、他の事はオミットしてでも手を差し伸べてあげたいと思います、 同じ社会で共に生きる隣人ですから。

    10-19-2020 14:10 MR2 (41)

  • やまべぇ

    そうでしたかぁ、最後はMR2さんに優しくしてもらって幸せだったと思います。 年齢は何歳くらいだったのですか?

    10-20-2020 17:46 やまべぇ (44)

  • MR2

    やまべぇさん、ありがとうございます。 生後半年程度の仔猫と間違う程、小さかった(2,2キログラム)のですが、歯の具合などから、実年齢は2~3歳だったようです。 昨晩、ミケオ君のいた部屋の片付けをしましたが、おもちゃや食器を見ると、いたたまれない気持ちになります。 せめてもう少し、生きて欲しかったです。

    10-20-2020 18:20 MR2 (41)

  • 花絵夢(ぼちぼちと...)

    そうだったのですか それはお疲れさまでした。ミケオ君は
    MR2さんと出会って 幸せだったと思いますよ。
    人ができないことをしているのですから本当に立派です。
     その子のことはその子の寿命なんです。

    動物を飼うと 喜びもいっぱいいただけますが 悲しみも
    覚悟しないといけないですね。私もフクをなくしてからもう飼いませんが
    このコロナ禍に動物がいたら なんて思ってます。

    10-21-2020 21:38 花絵夢(ぼちぼちと...) (50)

  • MR2

    花絵夢さん、ありがとうございます。 自分にとっての癒しもありますが、多数の野良猫を保護してきたのは、ひとえに、少しでも不幸な野良猫を助けてあげたいという思いからです。 野良猫からみれば、自分たち人間は、はまがりなりにでも、弱者たる野良猫を救えるだけの経済力と知識がありますが、それを使わない事は、人の道に反する行為だと思うからです。 他人にそれを強制する訳には行きませんし、誰も手助けしてあげない場合は、自分が助けるしかないんですね。

    10-21-2020 22:07 MR2 (41)

  • monaka (ボチボチと)

    ミケオ君、身体はしんどかったでしょうけど、
    最後に頼れる人と一緒にくらせて幸せだったと思います。
    MR2さん、お疲れさまでした。

    10-27-2020 16:13 monaka (ボチボチと) (17)

  • MR2

    monakaさん、ありがとうございます。 昨年の夏に、あのまま放置したら、確実に死んでいたとは思いますが、自分の行為が、ミケオ君にとって良い事だったのか、単に自己満足だったのか、自問自答しても、答えは見つかりませんでした。

    10-28-2020 00:29 MR2 (41)

  • howdy(写真整理中)

    ミケオくん、14ヶ月でもMR2さんに大切に可愛がってもらえて幸せだったと思います。看病お疲れ様でした。。

    10-28-2020 17:55 howdy(写真整理中) (65)

  • MR2

    howdyさん、ありがとうございます。 みいこに続いてミケオ君までも、、、どちらも救う事ができませんでした、とても残念です。

    10-28-2020 23:57 MR2 (41)

To make comments on artworks, click Login. User registration here.