Help

ヤマブシタケ

Photos: ヤマブシタケ

Photos: ヤマブシタケを切ったとこ Photos: 焼芋

朽木や立ち枯れた木に、生えるキノコ(直径8~25センチ) 山伏の衣に着けられる梵天(丸い飾り)に似ている事からヤマブシタケ。地域によってはウサギタケ、ハリセンボンなど、いろいろな呼称があり、アメリカなどにもあるそうです。
若い内は白色ですが、やがてオレンジから茶褐色気味へとなります。 
味が無いに等しいキノコなので、汁物など、味付けして食べるのがポピュラーだとか。

Favorite (12)

12 people have put in a favorite

Comments (2)

  • cobuchan(リハビリ散歩中)

    デパートで見ましたが、まだ食べていません(*^^*)

    10-09-2020 18:10 cobuchan(リハビリ散歩中) (19)

  • MR2

    cobuchanさん、ありがとうございます。 それは多分菌床栽培されたヤマブシタケなのかと思いますが、田舎でも割りとマイナーなキノコで、近所の道の駅では、(売れないから)扱わないそうです。 無味なキノコで、食感はコイなどの餌の「ふ」に似ています。

    10-09-2020 19:06 MR2 (41)

To make comments on artworks, click Login. User registration here.