Help

くそう、、くそう、、にゃ

Photos: くそう、、くそう、、にゃ

Photos: ショーシャンクの廊下へ(爆) Photos: 干してあった掛け布団を放り投げてみたら、、

ぐるぐるまわるだけ~~~

Albums: Public

Favorite (17)

17 people have put in a favorite

Comments (14)

  • RigelNightBug

    猫背矯正運動。

    11-01-2015 10:21 RigelNightBug (1)

  • MR2

    リッキー君、とってもスリム! 昔飼ってた子はL字型のドアノブを回す事を完璧にマスターしちゃって頻繁に全ての子が部屋の外へ勝手に流出という事件が多かったので、業を煮やした自分はノブをグラインダーで削って、丸い木片を差し込み、体重で回転し難くしましたが、それでも基本的に暇な連中?なので一日中何度も何度もトライしてるのでしょう、「何とかの一念、岩をも、、」って諺どうり、時々開けられて脱走してました。こいつらかなり狡賢いって実感させられましたよ。結局、後日部屋のドアの外側にかんぬきを付けました。

    11-01-2015 10:52 MR2 (40)

  • あと5センチ・・・w

    大型種を飼っていた時は軽々届いて、内引きドアも、ノブに掴まったまま2.3歩下がって開けて勝手に出入りしてくれたので楽でした。
    マイピクの三毛は2.5キロのちび猫でしたので、ジャンプしてノブに飛びついて開けていました。
    今の2匹はおばかちんなので開けられませんw

    11-01-2015 13:40 unsubscribed user

  • せっかくネコ用のドアを作ってあげたのに・・・という動画を思い出しましたw
    https://www.youtube.com/watch?v=HRtAMEWDLfY

    11-01-2015 14:13 unsubscribed user

  • やん

    凄いですね、扉、あけちゃうんですね~^^。

    11-01-2015 17:35 やん (19)

  • ぼーもあ

    そしてドアが傷だらけになるんですね。

    11-02-2015 00:55 ぼーもあ (13)

  • howdy(毎日写真整理中)

    立つと妙に足が短い。。(笑)

    11-05-2015 00:25 howdy(毎日写真整理中) (65)

  • 白石准

    RigelNightBugさん、確かに、まっすぐになってますね(爆)
    こりゃあ良い(爆)

    11-05-2015 11:19 白石准 (40)

  • 白石准

    実は、まだ僕が飼ってきた歴代の猫どもは、ノブを操作してドアを開けるという知恵ものは未だ居ません。

    しかし、この運動をする直前、ガラス越しに,向こう側で、やはりこの姿勢でノブを攻撃していたんです、こいつ。

    こっち側はこの様なクルクル回るものが引っかかってますが、向こう側にはありませんから、仰る通りの事象がこいつ、起こすことがあり得ますね(爆)
    でもMR2さんはみいこちゃんの衣装だけでなく、本当に工作を器用にされるんですね。家具まで作っていそうだにゃあ、、。

    11-05-2015 11:21 白石准 (40)

  • 白石准

    キャサリンさんのお宅の猫ちゃん達も、ドアを開ける猛者が居たんですね。
    テレビやYouTubeでもそういう猫ちゃん達の動画を観ていると、ちょっと羨ましく思います。

    ドアが半開きになって居さえすれば開けますが、かつての猫は、網戸も開けて居ましたが、こいつらは網戸が閉まっていると、その時点で諦めています。
    ですので、ある意味安心の所も、、(爆)

    11-05-2015 11:23 白石准 (40)

  • 白石准

    tutiさん、僕もこれ見たことがありますが、もう習慣になっていたらね、しょうが無いですよね(爆)

    来年あたり引っ越すかも知れませんので、室内のドアには猫の穴を着けようかなと思って居ます。

    11-05-2015 11:26 白石准 (40)

  • 白石准

    ぼーもあさん、まあこのドアは平気なんですが、一度、風呂場に通じる洗面所のドアを、中にこの猫が居ることを(たぶん風呂桶から水を飲んでた)忘れて半日閉じ込めた事がありました。
    必死にドアを引っ掻いたあげく、帰宅時に観たら、ドアの下の数十センチの表面の化粧板が無残に破壊されてました。ってか、あんなにもろいものだとは、、借家じゃなくて本当に良かったです(爆)

    11-05-2015 11:28 白石准 (40)

  • 白石准

    howdyさん、まさにそうですね(爆)
    ってか、胴体がやたら伸びている感じもしますね(爆)

    脚の長い猫を調べて見ましたら、こいつらよりは長い種類あるんですね。
    http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1150134056

    これよりも、もっと脚の長い山猫っぽい写真をどこかで見た記憶が、、。

    11-05-2015 11:36 白石准 (40)

  • 白石准

    やんさん、こいつは、ドアを開けるという意識より、把手にはまっているクルクル回るものへの興味が一杯なんですよ。

    実は、あの黄緑色の物体は、猫じゃらしに付録で付いていた、こういう場所に固定して、じゃらすというものでした。
    でも、もともとの猫じゃらしは、一日で破壊されてしまい、いまは虚しく土台だけのこっているのであります(爆)

    この猫は、キャッチボールというか、卓球のラリーというか、階段の下に僕が居て、一番上にこいつがいると、小さなおもちゃのボールを投げると打ち返してきます。

    で、階段の途中でボールが止まっていると、ちゃんと数段降りてきて、僕にパスをするんですよ。ですから、僕が飽きるまで打ち合いは続きます(爆)

    11-05-2015 11:39 白石准 (40)

To make comments on artworks, click Login. User registration here.